(限りある時間の中で 人生に色彩を (The color to life in a time of limited)

ステンドグラスならルヴェール                                     
  photoCliK up (大画面で技術をご覧頂けます、画像クリックしてください) ケイム製作パネル最小2.5mm ケイム使用例

 

                  ステンドグラスの歴史

          To represent.

 

 ガラスが歴史に登場したのは、紀元前3000年のエジプト・メソポタニア文明時代

 

     そこから時は流れ、中性ヨーロッパ時代に「ステンドグラス」が登場しました。

 

        当時ステンドグラスは、大聖堂や教会・モスクといった人々が神を信仰する場所に設置されていました。

 

そこには「光」によって様々な表現をするステンドグラスに、「人の人生」を重ねていたのかもしれません。

    親から子へ、子から孫へ、受け継がれていく想いやメッセージを、

         その時々の光を通して(ステンドグラス)は表現します。

 

 

 

 

 いつもの風景に、時・世代を超えてつながる「ステンドグラス」

      込められた、思い出やメッセージ、好きな色、好きな花といった「思い描くイメージ」を元に

          ご希望に沿えるようヒアリングを繰り返し、質の良いプランニングをご提供いたします。

               ステンドグラスのことならルヴェ-ルにお任せください。

           

       

 

 Glass has appeared in history, Egyptian civilization Mesopotania era of 3000 BC

 

"Stained Glass" has emerged flow, the neutral era when Europe from there.

 

Stained Glass at the time, had been installed in a place where people such as church, mosque or cathedral to faith in God.

 

The stained glass to the various representations by the "light", it might be had piled up "life of man" there.

 

From parent to child, through the light of the sometimes "Stained Glass" message and feelings from the child to grandchild, will be handed down, the

 

 

 

 

 

                                 Stainedglass LeVerre 

 

  日本の夕陽百選、渚百選、海水浴場88選にも選ばれた、美しいサンセットロードに面した別荘地にルヴェールがあります。

     大阪、神戸、徳島、から少しあしを伸ばすとそこは、

       ゆっくりとした時間が流れる癒やしの空気と大自然を利用したステンド工房

        世界から集まったガラス、絶景の夕陽。遠く聞こえてくるさざ波の音と小鳥たちのさえずり。

           世界で一枚のステンドグラスを・・・・・・・・・・・・・・・・・・


        I suggest the stained glass that it is like creation,  

                         an idea including historic stained glass    

                               Entertainer of light     Welcome To  Le Verre